シンプルモダンの家「SIGN」

暮らしの変化に寄り添うマインド「サイン」

シンプルモダンの家「サイン」でおくるシンプルライフ

モノが少ないからといって、シンプルライフが送れるワケじゃない。
モノを厳選するのも大事だけれどほんとうのシンプルライフは
自分の人生にとって大切なことを優先することだと思う。
暮らしたい場所で、自分らしく暮らせるということ。
その可能性が日々の充実感に変わり、
ほんとうの豊かさへと導いてくれる。

シンプル&コンパクトに暮らそう

 結婚し、子供が生まれたら郊外に一戸建てを買い、長距離通勤するーそんなライフスタイルが一般的だった少し前の日本。けれど、毎日、満員電車に長時間揺られてお父さんたちは、くたびれたネクタイみたいにクタクタ。せっかくの休日も家でごろごろ寝てばかり……。それって本当に幸せなの?

 近頃のキーワードは、イケメンならぬ、イケダン、育メン。仕事も子育ても、そして自分のこともあきらめない。そんなスタイリッシュなデキるお父さんが増えている昨今、若くて欲張りな世代から注目されている暮らし方があります。それが「職住近接」。駅の近くや街なかの便利な場所に居を構え、楽しみながら暮らすこと。通勤時間のようなムダをなくし、限られた
時間を有意義に使って、充実した生活を送ろうとする新しい考え方です。

 この「職住近接」を実現するためには、シンプルでコンパクトな家であることが一つの条件。欧州などでは、森や海など自然環境にあふれた土地の方が価格が高い場合もあるそうですが、日本では駅に近く、通勤・通学・買い物に便利な生活しやすい場所であるほど、価格は高くなるのが当たり前。しかもそうした土地は、小さくて形状も限定されてしまいがちです。

 狭いけれども立地のよい場所に、シンプルでコンパクトな家を建て、過不足なく生活することができれば、時間を好きなことや家族のために使え、より豊かで充実した人生を送ることができるはず。

 たとえば、休日は趣味をかねて料理に凝るのもいい。食材を選び、調理道具をピシリと揃えたお洒落なキッチンに立てば、気分はそれだけで一流シェフ。自分の好きなように味付けして、おいしく食べるだけでなく、家族や友人など人に食べてもらえる喜びも感じられる。なにより楽しい時間を大切な人たちと共有できる。最近、料理にハマる男性が急増中、というのも納得です。

 あるいは地の利を生かして通勤手段を自転車に変えてみる。満員電車から解放されるし、健康にもいいから一石二鳥。やる気になれば、パパッとお弁当づくりだってできちゃうかもしれません。

 ほかにもインターネットをフル活用すれば、自宅を職場としてSOHOにも。必要ならいつでも電車に飛び乗り、颯爽と仕事場へ向かうーそんな暮らしを可能にするのが、シンプルでコンパクトな家なのです。

 「コンパクト」という言葉の意味は本来、「小さい・小型」というだけでなく、「中身が詰まっていて充実していること」。シンプル&コンパクトで快適に暮らす。仕事も子育ても自分の趣味もあきらめない。そんな中身のギュッと詰まった充実した暮らし、あなたもスタートさせてみませんか?

シンプルライフをエンジョイするためのセレクトアイテム

  • オシャレな間接照明
    オシャレな間接照明

    天井面や壁面に光を当て室内を照らす間接照明を取り入れることで雰囲気のあるシックな空間を演出します。

  • モダンインテリア
    モダンインテリア

    白を基調にした室内を直線的なフォルムの家具でコーディネートすれば、クールでシックなモダンスタイルの完成です。

  • ホームシアター
    ホームシアター

    映画好きにはたまらないホームシアター。休日は昼間からワインを飲みながら、お気に入りの映画を堪能してみては…

  • インテリアグリーン
    インテリアグリーン

    モダンインテリアに欠かせないのがインナーグリーン。室内にうるおいを与えて、ストレスを癒し、気持ちを豊かにしてくれます。

  • ウォールステッカー
    ウォールステッカー

    寝室や子供部屋に思い切ってウォールステッカーを貼ってみよう。モダンな雰囲気が漂いつつも遊び心のある空間になります。